目元の乾燥がひどく、かゆみがある場合は要注意!

目元の乾燥がひどく、かゆみがある場合は要注意! 目元にかぎらず、肌が乾燥しているという場合、バリア力も低下しています。なので外部刺激の影響から炎症を起こしやすいんですね。


外部刺激がそのまま肌の神経細胞に触れやすくなるので、それがかゆくなりますし、炎症を起こすとさらに肌はかゆくなります。


目の周りの皮膚は薄く、バリア力も弱いですから、乾燥しやすいだけでなく、かゆみも発生しやすいといえるわけです。


かゆみにも程度があって、乾燥によるかゆみであれば保湿クリームを塗れば落ち着くと思いますが、 夜も眠れないとほどかゆいとか、ひっきりなしにかゆいということもあります。この場合は、おそらくアトピー性皮膚炎を発症している可能性があります。


花粉症を大人になってから突然発症するように、アトピー性皮膚炎も大人になってから突然発症するというケースが最近は増えています。 なので、乾燥肌だと思っていたけれど、実はアトピーだったということは意外に多いんですね。


運動した後やお風呂に入った後など体が温まったときや、イライラしたり緊張したり憂鬱になったり気分が揺れ動くと、目の周りがかゆくなるなんて人は、 ほぼ間違いなくアトピー性皮膚炎だと思います。かゆいからと掻き毟っていると、まぶたが色素沈着を起こしたり、腫れあがったりします。


保湿をしてバリア力を高めるのも大切ですが、とりあえず一番最初は皮膚科にいって炎症とかゆみを抑える外用薬を処方してもらうというのがよいかと思います。

目元のかぶれや肌荒れもかゆみにつながります。

目元のかぶれや肌荒れもかゆみにつながります。

目元のケアに贅沢な高級クリームを使っている人もいるかもしれませんが、「贅沢な成分」が落とし穴になる場合があります。


というのも高級クリームの高品質な成分が、皮膚の常在菌のエサになってしまって、常在菌のバランスを崩してしまい、肌が荒れてしまうことがあるからです。


また、肌に効く有効成分というのは刺激が強いものもあり、肌との相性によってかぶれてしまうこともあります。 化粧かぶれ(=接触性皮膚炎)も炎症ですから、それが目元のかゆみの原因ということもあるわけです。


よかれと思って、使っていたアイケア用の高級化粧品が目元のかゆみの原因だったという笑えないことがあるということなんですね。


そういうこともあるので、当サイトとしてはシンプルで低刺激処方の保湿クリームを使ったアイケアをおすすめします。 目元への負担も少ないですし、成分が原因の接触性皮膚炎を起こす心配もありません。


数は少ないですが、アイクリームとしての機能も充分兼ね備えた高機能の低刺激処方の保湿クリームというのがあるので、 アトピーや化粧かぶれによるかゆみが気になる場合は、そちらを使ったほうが目元には優しいかもしれません。


かゆみが気になるなら、、 目元の乾燥に使える保湿クリーム<Best3>
Copyright © 2014 目元の乾燥に使える保湿クリーム<Best3>~うるおい&ハリ感が鍵!· All Rights Reserved·