目の下のクマは寝たら消えるとはかぎらない。

目の下のクマは寝たら消えるとはかぎらない。 年齢にかかわらず、目元トラブルとして頻発するのが目のクマです。人から指摘されて恥ずかしい思いをした人も多いでしょう。


ほとんどの人はこの目の下のクマは寝不足や疲労から来ているので2,3日しっかり寝れば消えると思っているんですが、そんな甘いものではありません。


血行不良が原因の青クマは、確かに寝るとすっきり消えることもあるんですが、体質的に血の循環が悪いとか冷えがひどい場合、寝てもあまりよくならないんですね。


また、目の下のクマの原因は何も血行不良だけが原因ではありません。色素沈着が原因の茶クマや目の周りの構造変化が原因の黒クマや赤クマは、 血行をよくしたところで消えるシミではないので、原因にあったケアが必要になります。


今、自分の目の下にあるクマがどのタイプのクマなのか診断する方法を紹介しておきますね。

目の下のクマの診断方法(簡易版)

青クマ→お風呂あがりには消えたり、薄くなっている
黒クマ→上を向いたり、クマを横に引っ張ると薄くなる
赤クマ→クマを下にひっぱると赤みが増す
茶クマ→何をしてもクマの状態が変わらない

目の下のクマの解消方法

目の下のクマの解消方法

青クマは目の周り、および顔への血行が悪くなっているので、ツボ押しや運動、温性の食品を積極的に摂取することで 血行を促進します。あとは当然、しっかり睡眠を摂りましょう。


体質的に冷えやすく血の循環が悪い人は、漢方薬を利用したほうがいいかもしれません。どんな漢方が処方されるかは人それぞれ異なりますが、 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)あたりは有名です。


茶クマはメラニンの沈着が原因ですから、ピーリングや美白化粧品を使った美白ケアが有効です。スポッツケア用のシミ用美白美容液が活躍すると思います。 刺激や乾燥が気になるなら保湿力の高い美白クリームを使いましょう。


黒クマと赤クマは、クマといいつつ実際は「たるみ」です。目の下のたるみ対策については、 「目元のシワ・たるみについて」でお話したとおり。皮膚の変性や筋肉がゆるんでしまう前に対処しないといけません。


皮膚の構造変化を防ぐには「紫外線・炎症・活性酸素」を防ぐことと、スキンケアで線維芽細胞を活性化して、目元のハリ・弾力を維持する必要があります。 筋肉のゆるみは表情筋トレなどで鍛えるなど地道な努力が必要になります。


独自成分で目元のハリアップ! 目元にも使える保湿クリームを特集
Copyright © 2014 目元の乾燥に使える保湿クリーム<Best3>~うるおい&ハリ感が鍵!· All Rights Reserved·