目元はそもそもシワ・たるみができやすい条件が揃っている!

目元はそもそもシワ・たるみができやすい条件が揃っている! 冬の乾燥する時期などは、ちりめんじわといわれる乾燥が原因のシワができることがありますが、これは保湿で消えます。


問題は保湿しても消えないシワ。真皮の弾力線維が変性・劣化して、表情の動きにあわせてできる皮膚の折り目がそのまま戻らなくなってしまうこと原因です。


目は1日2万回もまばたきしてますから動きが激しい分、どうしても皮膚の折り目が付きやすいです。これはもう仕方ないです。


他にも紫外線ダメージもありますし、摩擦による炎症が起こりやすい部分ということもあって負担がかかっている分、老化も早いです。


特に女性は若いころからアイプチ、アイメイク&クレンジング、まつげエクステなど、パッチリ目元のために目の周りを触りすぎ・擦りすぎているので、 同世代の男性と比べてもはるかに目元の老化が進んでいます。20代なのにしっかり目元にシワができている人もいますしね。


目の周りの皮膚が本当に薄くてデリケートな部分です。一番のウィークポイントといっていい部位なので、その扱いは慎重にしないといけません。 真皮のコラーゲンやエラスチンといった弾力線維が変性・断裂する前から対策したほうが目元のシワ対策は行ったほうがいいのは確か。


摩擦や刺激を避けて、真皮の弾力線維を守るためのケアを早いうちからはじめましょう。


目元のアンチエイジング。 弾力線維を守る保湿クリーム<Best3>

目の下のたるみが一番見た目年齢に影響するかもしれません。

目の下のたるみが一番見た目年齢に影響するかもしれません。

目元の印象がそのまま見た目年齢を左右してしまうというのは、異論はないと思いますが、 目元のトラブルの中で一番、老けてみえるのはおそらく「目の下のたるみ」ではないでしょうか?


目の下のたるみは、老化によって真皮の弾力線維が劣化してハリが保てなくなること、目の周りの筋肉がたるんできて、 眼球周りにある脂肪を支えきれなくなって、脂肪が下垂してきてしまうことが原因です。


目の周りにある脂肪(眼窩脂肪)の位置が下にズレてしまうことで、上まぶたはくぼんでくるし、 目の下はたるんで陰影ができてしまうわけです。


一度たるんでしまったものを元に戻すというのは無理です。美容医療などではくぼんだ所に脂肪を注入したり、 たるみが目立つところは脂肪を抜くといった処置をするんですが、何十万とかかってしまいます。


やはり、たるむ前から対策が必要だということで、老化を促進する「紫外線・炎症・活性酸素」を避けること、 それらの影響を受けやすくしてしまう肌のバリア力の低下を防ぐための保湿というのが大切になってきます。


Copyright © 2014 目元の乾燥に使える保湿クリーム<Best3>~うるおい&ハリ感が鍵!· All Rights Reserved·